下痢

マカを飲んで下痢をするときは

健康食品として人気のマカは、現地のアンデス地方では根の部分を料理に使われることもありますが、日本ではマカの成分を抽出したサプリメントや、ドリンク剤や、粉末などの食品として摂取する方法が一般的です。
マカを飲んだ人の中には、胃腸の具合が悪くなったり下痢をするといった話を耳にすることがあります。

マカはペルーのアンデス地方の標高のとても高い場所で生えている植物です。
カブによく似た形の根を持つアブラナ科の多年植物で、根にはミネラルやビタミンなど、たくさんの栄養が含まれています。
サプリメントなどは気軽に入手することができますが、胃腸の具合が悪くなったという方もいらっしゃいます。

サプリメントなど成分が含まれた食品は、植物が原料となっていることから重大な副作用の報告はありません。
また下痢や便秘などといった、胃腸の具合に作用するような成分は含まれていません。

副作用もなく健康に良い効果があるとして人気ですが、エキスが含まれているサプリメントや栄養ドリンクには、純粋にマカのみを使ったもの以外にも、他の物質が含まれているものもあります。
胃腸に合わないと感じた時は、まず100パーセント使った食品を摂取するようにしてみましょう。

サプリメントなどを過剰に摂取すると身体に影響が及ぶことが考えられます。
マカにはミネラルの一種である亜鉛が豊富に含まれています。
亜鉛は酸素の働きを活発にする抗酸化作用があったり、たんぱく質やDNAやRNAの形成にも関わってくるため、男性の精子を作るのにも必要な物質のため、妊娠を希望しているカップルにも注目されています。

亜鉛は身体にとって必要な物質ですが、身体にあまり多く摂りすぎると急性亜鉛中毒という状態になってしまいます。
急性亜鉛中毒の症状として下痢や吐き気などが起こることがあります。

マカを摂取するのに適している量は、医薬品ではないのではっきりとした指針があるわけではありませんが、企業によって行われた研究の結果などにより、1日に2000ミリグラムから4000ミリグラム程度であると考えられています。
適量を守って摂取するようにしましょう。