マカはむくみの予防、改善に効果がある

マカにはむくみを解消する効果があります。
ここでは、マカのむくみに対する効果や、効果のある成分について説明します。

むくみとは?

むくみとは、余分な水分や老廃物が皮膚組織に溜まっている状態のことで、浮腫(ふしゅ)ともいいます。

むくみの原因

むくみの原因はさまざまですが、以下のことが挙げられます。

・血行不良
・ストレス
・疲労
・運動不足
・肥満
・女性ホルモンの乱れ
・筋肉量の低下
・心臓病、腎臓病
・水分や塩分の摂りすぎ

マカには、むくみに効果がある成分が含まれています。

また、むくみの原因となる

・血行不良
・ストレス
・疲労
・肥満
・女性ホルモンの乱れ
・筋肉量の低下

の予防、改善の効果もあるので、これらの相乗効果でむくみを予防、改善します。
なお、マカは、むくみの予防、改善に効果がありますが、心臓病や腎臓病によるむくみは改善できません。

マカのむくみに対する効果

利尿作用

利尿作用がある成分を摂取すると、余分な水分を尿として体外に排出するので、むくみの予防、対策に効果があります。

マカには、利尿作用がある次の成分が含まれています。

・グルタミン酸

グルタミン酸は、有害物質のアンモニアを取り込んでグルタミンに変換し、体外に排出するので、利尿作用があります。
利尿作用により、余分な水分を体外に排出すると、むくみが予防できます。

・アスパラギン酸

アスパラギン酸は、アンモニアと結合してアスパラギンになり、アンモニアを尿として体外に排出します。

・カリウム

カリウムのほとんどは細胞の内側に存在しており、細胞の外側に存在するナトリウムとのバランスを取って、体液の状態を一定に保つ、という重要な役割があります。

ナトリウムを摂取しすぎて塩分過剰になったり、カリウムの摂取量が足りなかったりすると、体内のナトリウム濃度が高くなります。
そうなると、身体がナトリウムの濃度を下げようとして水分を溜め込むので、むくみます。
カリウムは、ナトリウムの濃度が高くなることを防ぐので、むくみを予防、改善します。

マカには、製品によって異なりますが、カリウムが100グラムあたり1500ミリグラム含まれています。
しかし、マカの一日の摂取量の目安は、1500ミリグラムなので、一日のカリウムの摂取量は、22.5ミリグラムです。

カリウムの一日の目標摂取量は、18歳以上の男性で、2500ミリグラム、女性で2000ミリグラムなので、マカでカリウムの目標摂取量を全てまかなえるわけではありません。

カリウムは、こんぶやわかめ、岩ノリなどの海産物や、イモ類や豆類などの野菜に、多く含まれています。
しかし、海産物は、一度に多く食べることは難しく、肉類がメインの食事をしていると、野菜が不足している場合が多いので、カリウムは不足しがちな成分です。
カリウムは、過剰摂取の心配がほぼないので、毎日の食事に意識して多めに取り入れ、さらにマカを摂取量の底上げに利用するといいでしょう。

血行不良を改善する

血行が悪くなると、血液中の老廃物がうまく排出されなくなって溜まってしまうので、むくむ場合があります。
また、肥満になっても血行が悪くなるので、むくみやすくなります。

マカには血行をよくする成分や、肥満を予防、改善する成分が含まれています。

・アルギニン・・・血管を拡張する一酸化窒素をつくる

・ビタミンE・・・血管を酸化して固くする活性酸素を除去する(抗酸化作用)
         毛細血管を拡張する
         老廃物の排出を促進する

・アルカロイド類(二次代謝産物)・・・血行促進効果

・サポニン(二次代謝産物)・・・血行促進効果、抗酸化作用

・リジン、アラニン、アルギニン、プロリン・・・脂肪を分解して燃焼するリパーゼの材料になる

※二次代謝産物とは、植物が生きていくのに必須ではないけれども、環境に適応していくのに役に立つ成分で、薬効があります。
二次代謝産物が多いものほど薬効も高く、マカには多いものでは28種類もの二次代謝産物が含まれています。

疲労を回復する

疲れている時は、身体に乳酸などの疲労物質が溜まっています。
疲労物質が、体外に排出されずに蓄積すると、むくむ場合があります。

マカには、疲労回復に効果がある成分が多く含まれているので、これらの相乗効果で疲労を回復し、むくみを予防、改善します。

疲労回復に効果がある成分とその働き

・アルギニン・・・疲労物質のアンモニアを分解する

・アスパラギン酸・・・乳酸やアンモニアを分解する

・BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)・・・筋肉をつくったり、修復したりして筋肉の疲れを回復する

・ビタミンB1・・・ブドウ糖をエネルギーに変えて疲労を回復する
・ビタミンB2・・・たんぱく質、炭水化物、脂質をエネルギーに変える

・ビタミンC、E、アントシアニン、サポニン・・・細胞を攻撃して機能を低下させ、エネルギーの生産量を低下させる活性酸素を除去する(抗酸化作用)

この中でも、特にビタミンB1が不足すると、全身がだるくなったり、むくんだりする場合があるので、ビタミンB1は、むくみ対策に欠かせない成分のひとつです。

ストレスを予防、改善する

過度のストレスがかかると、自律神経が乱れます。
自律神経は、身体のさまざまな器官を調整するところで、身体が動いている時に活発に働く交感神経と、休んでいる時に活発に働く副交感神経の2つがあります。
この2つは、常に自動的にどちらかが優位になって働いています。

ストレスを感じると、自律神経の働きが乱れ、交感神経が常に優位な状態が続いて、緊張が解けず、血管が収縮して血液やリンパ液の流れが悪くなってむくみます。

また、ストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが活発に分泌されます。
コルチゾールが過剰に分泌されると、水分がスムーズに排出されなくなり、水分が溜まってむくみやすくなります。
さらに、コルチゾールは、筋肉をつくるたんぱく質に作用して、筋肉を痩せさせてしまいます。
リンパ液は、筋肉の働きによって運搬されるので、筋肉が痩せると水分の排出が十分でなくなり、むくみを引き起こします。

マカにはストレスを予防、緩和する成分が多く含まれています。

ストレスを緩和する成分と働き

・トリプトファン、フェニルアラニン・・・精神を安定させてストレスを緩和するセロトニンの材料となる

・グリシン・・・セロトニンを増やす

・ビタミンB1・・・神経を正常に保ち、ストレスに対する耐性を強める

・ビタミンC・・・ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの生成に必要

・カルシウム、マグネシウム・・・イライラを抑え、精神を安定させる

・二次代謝産物・・・ストレスに対抗するエネルギーをつくる

マカは、これらの成分の相乗効果で、むくみの原因のストレスを予防、改善します。

女性ホルモンの乱れを整える

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあり、周期的にバランスよく働いています。
プロゲステロンは、妊娠に供えて身体に水分を溜め込む働きがあるので、増えすぎるとむくんでしまいます。

マカには、エストロゲンと似た働きがある植物性エストロゲンが含まれています。
植物性エストロゲンは、ホルモンの分泌量の調整を行う働きがあるので、ホルモンバランスを整え、黄体ホルモンの増えすぎによるむくみを予防、改善します。

また、ホルモンバランスと自律神経は同じ脳の視床下部(ししょうかぶ)というところでコントロールされているので、どちらかが乱れるともう片方も乱れます。
マカは、ホルモンバランスの乱れを整えることによって、自律神経の乱れも整えています。

筋肉量の不足を予防、改善する

筋肉量が少ないと、静脈の血行が悪くなってむくみやすくなります。

アミノ酸は、筋肉をつくっているたんぱく質の材料となるので、アミノ酸を摂取すると筋肉増強効果が期待できます。
マカには18種類ものアミノ酸が含まれています。
中でも、特に、BCAAとよばれるバリン、ロイシン、イソロイシンには、筋肉をつくったり、強くしたりする働きがあります。
また、アルギニンには、筋肉を強くする働きがある成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

このように、マカには筋肉をつくったり、強くしたりする効果があるので、筋肉量の不足によるむくみに効果があります。

効果的な摂取時間

マカは、健康食品なので決まった摂取時間はありませんが、効果的な摂取時間はあります。

成長ホルモンは、就寝後30分から3時間くらいの間に分泌されるので、寝る前に摂取すると、アルギニンの成長ホルモンの分泌を促す効果が、得られやすくなります。

マカは、必要な量を一日にまとめて摂取するよりも、数回に分けたほうが効果が高いです。
さらに、食事時は吸収率が高くなって効果を得やすいので、食事時と就寝前に摂取すると、より高い効果が期待できます。

まとめ

マカには、むくみの予防、改善に効果がある利尿作用があります。
また、むくみの原因となる
・血行不良
・肥満
・疲労
・ストレス
・女性ホルモンの乱れ
・筋肉量の不足

を予防、改善する効果もあるので、これらの相乗効果でむくみを予防、改善します。
マカは、一日に数回に分けて摂取した方が効果があるので、毎食時、アルギニンの効果が得やすい就寝前に分けて摂取するとより高い効果が期待できます。
なお、マカは栽培された土地や環境、栽培方法によって含まれる成分の数や量が異なるので、購入の際は、商品紹介のホームページなどでよく確認することをお勧めします。

関連記事Related