マカは女性にもオススメ!

マカは男性の精力増強剤として知られていますが、実は女性にも嬉しい効果が多くあります。
ここでは、マカの女性に嬉しい効果や効果がある成分について説明します。

マカの女性に嬉しい効果

マカには、次のような女性に嬉しい効果があります。

・美肌効果
・バストアップ
・更年期障害を予防、改善する
・不妊を予防、改善する
・妊娠前後の栄養補給
・ダイエットをサポートする
・冷え性を予防、改善する

マカの効果や効果がある成分について詳しく説明します。

美肌効果

マカには、次のような美肌効果があります。

保湿効果で肌を潤す

NMF(Natural Moisturizing Factor:ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター)とは、肌の角質細胞の中の水分を守る天然保湿成分で、40%をアミノ酸が占めています。

NMFに含まれているアミノ酸は、

・セリン
・アラニン
・アルギニン
・アスパラギン
・リジン
・フェニルアラニン

などをはじめ、14種類あります。
マカにはこれらのアミノ酸のほとんどが含まれているため、高い保湿効果があります。

その中でもアルギニンは、保湿効果以外にも成長ホルモンの分泌を促したり、皮下組織の細胞の働きを促したりする働きがあります。

成長ホルモンは、新陳代謝を促進するので肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促します。
肌のターンオーバーがスムーズに行われると、老廃物や古い角質が剥がれ落ちて新しい皮膚に生まれ変わるので、しわやしみ、たるみを防ぎます。

また、皮下組織の細胞の働きが活発になると、肌に弾力やうるおいを与えるヒアルロン酸が生成されます。

抗酸化作用でしわやたるみを防ぐ

抗酸化作用とは、活性酸素を除去する働きのことです。

活性酸素は、もともとは体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃し、酸化させて除去したり酵素の働きを助けたりするよい働きがありますが、何らかの原因で(タバコ、紫外線、激しいスポーツ、ストレスなど)で増えすぎると、正常な細胞を攻撃してしまいます。

肌にハリや弾力を与えるコラーゲンやエラスチンが攻撃されると、コラーゲンやエラスチンが酸化して機能が低下してしまうので、肌のハリや弾力が減り、しわやたるみが増えてしまいます。

また、細胞は活性酸素に攻撃されると、細胞膜を形成しているリン脂質が過酸化脂質に変わってしまいます。
過酸化脂質は排出されにくいため蓄積しやすく、蓄積した部分にメラニン色素が集まってシミになりやすくなります。
その上、真皮(表皮の内側の層)の弾力繊維を壊すため、しわをつくります。

マカには、抗酸化作用がある、

・ビタミンC
・ビタミンE
・サポニン
・アントシアニン

が、含まれています。

マカに含まれている美肌効果がある栄養素


マカには、その他にも次の美肌に効果がある成分が含まれているので、これらの相乗効果で高い美肌効果があります。

成分名 効果
ビタミンB2 ターンオーバーを促進する
カルシウム 細胞間脂質(細胞間の保湿効果を高める)の働きを活発にする
マグネシウム ・肌のバリア機能(肌を乾燥や刺激から守る)を高める
・ターンオーバーを促進する
亜鉛 細胞を再生し、ターンオーバーを促進する
コラーゲンの生成に必要な成分
植物性エストロゲン 美肌効果が高いエストロゲンに似た働きをして肌に弾力やハリをもたらす

バストアップ

マカには、バストアップに有効な4つの効果があります。

エストロゲンの代わりに働く

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあり、この2つは、周期的にバランスよく分泌されています。
そのうちのエストロゲンには、脂肪をつきやすくしたり乳腺の発達をよくしたりする働きがあるので、バストアップ効果があります。

マカには、エストロゲンに似た働きがある植物性エストロゲンが含まれています。
植物性エストロゲンは、ホルモンバランスが乱れたり更年期になったりしてエストロゲンが減少した時に代わりに働いて、エストロゲンの減少によってバストが小さくなることを防ぎます。

また、ビタミンBやビタミンEには、女性ホルモンの分泌量を増やしてバストアップを助ける効果があります。

ストレスを軽減してホルモンバランスを整える

エストロゲンの分泌量が増えることはバストアップに効果がありますが、エストロゲンだけが分泌されるとホルモンバランスが乱れて効果を妨げてしまいます。
ですので、ホルモンバランスを整えることもバストアップには必要です。

ホルモンバランスは、脳の視床下部(しようかぶ)というところでコントロールされています。
視床下部は自律神経の働きもコントロールしているため、どちらかが乱れると影響を受けて、もう片方も乱れてしまいます。

過度のストレスを感じると自律神経の働きが乱れるため、ホルモンバランスも乱れてしまいます。
マカに含まれているトリプトファンは、精神を安定させ、こころにやすらぎを与える作用があるセロトニンの材料となるので、ストレスを予防、改善する効果があります。

また、ドーパミンやノルアドレナリンは、集中力ややる気を高めることによってストレスに対抗する働きがあります。

マカには、ドーパミンやノルアドレナリンの材料となるフェニルアラニンやチロシンが含まれています。

さらに、マカには次の成分が含まれているので、相乗効果でストレスを予防、緩和して、ホルモンバランスが乱れるのを防ぎます。

成分名 効果
メチオニン ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンの材料となる
ビタミンB1 神経を正常に保って不安や興奮を感じにくくし、ストレスに対する耐性を高める
ビタミンC ストレスを緩和する働きがある副腎皮質ホルモンの生成に欠かせない成分
マグネシウム ・イライラを防ぐ
・筋肉の緊張を緩めて、身体をリラックスさせる
カルシウム イライラを防いで精神を安定させる
亜鉛 ・精神を落ち着かせる
・ストレスを感じると消費され、減少すると気持ちが落ち込んでさらにストレスを感じる
二次代謝産物※ ストレスに対抗するエネルギーをつくる

※二次代謝産物とは、植物が生きていくのに必須ではないが、環境に適応するのに役立ったり独特の効果があったりする成分のことで、マカにはサポニンやマカエン、マカミドをはじめさまざまな二次代謝産物が含まれています。

血行不良を改善する

酸素や栄養素は血液によって全身に運ばれるので、血行が悪くなると必要な酸素や栄養素が行き渡りにくくなります。
すると、胸にも酸素や栄養素が届きにくくなって、胸が垂れたり貧乳になったりします。

マカに含まれているアルギニンには、血管を拡張し、血管に弾力を与える働きがある一酸化窒素を生成するので、血行を改善します。

また、マカには次の成分が含まれているので、これらの成分の相乗効果で血行不良を予防、改善する高い効果があります。
血行がよくなると女性ホルモンの分泌もよくなります。

成分名 効果
ビタミンC
サポニン
アントシアニン
細胞を攻撃し、老化させて血管を固く狭くする活性酸素を除去する(抗酸化作用)
ビタミンB1 自律神経の乱れを予防して、自律神経の乱れによる冷えを予防、緩和する
ビタミンE ・毛細血管を拡張する
・抗酸化作用
サポニン
アルカロイド類
血行促進作用
18種類のアミノ酸 筋肉の材料となり、筋肉量の低下による冷えを予防、改善する

栄養バランスを取る

バストアップには、バランスの取れた栄養を摂取することも必要です。

マカには、

・18種類のアミノ酸
・9種類のミネラル
・ビタミン
・食物繊維

が含まれています。
特に、マカには食事では不足しやすい鉄やカルシウム、亜鉛が豊富に含まれています。

更年期障害を予防、改善する

マカには、更年期障害を根本から解決する働きと、更年期障害の悪化を防ぐ2つの働きがあります。

更年期障害を根本から解決する働き

女性の場合


女性は、閉経が近くなると女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

ホルモンバランスは、上記の「バストアップ効果」で説明したように、脳の視床下部でコントロールされています。
エストロゲンが減少すると、視床下部はエストロゲンを増やすように指令を出しますが、卵巣は閉経によって機能が低下しているためエストロゲンを増やすことができません。
その結果、視床下部は混乱してホルモンバランスが乱れ、自律神経も乱れてしまいます。

自律神経は、身体が動いている時に活発に働く交感神経と、身体が休んでいる時に活発に働く副交感神経の2つがあり、常にどちらかが自動的に優位になって働いています。

しかし、自律神経の働きが乱れると、常に交感神経が優位な状態が続いて緊張が解けなくなったり、副交感神経が優位の状態が続いて脈が遅くなったり血圧が下がったりします。
そうなると、不眠、冷え、頭痛、めまい、肩こり、動悸、息切れ、耳鳴りなど、さまざまな症状が現われ、これを更年期障害といいます。

マカに含まれている植物性エストロゲンは、減少したエストロゲンの代わりに働いてホルモンバランスが乱れるのを防ぎ、自律神経が乱れて更年期障害が起こるのを防ぎます。

男性の場合

男性ホルモンのテストステロンが減少すると、めまい、頭痛、うつ、疲労感などの男性更年期障害が起こる場合があります。

マカに含まれているアルギニンには、テストステロンの分泌を促したりテストステロンの材料となったりする働きがあります。

マカには、その他にも、テストステロンの分泌量を増やす働きがある、

・マグネシウム
・亜鉛
・ビタミンB6

が含まれているので、男性更年期障害の予防、改善に効果があります。

更年期障害の悪化を防ぐ働き

抗酸化作用で悪化を防ぐ

エストロゲンには、高い抗酸化作用があります。
更年期になってエストロゲンが減少すると、脳内の活性酸素が増え、視床下部が攻撃を受けてしまいます。
視床下部が攻撃を受けて機能が低下してしまうと、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、更年期障害の症状が悪化してしまいます。

マカには、上記の「美肌効果」で説明したように、抗酸化作用があります。

ストレスを予防、改善して悪化を防ぐ

ストレスは、更年期障害の症状の悪化に大きな影響を与えます。
更年期障害は、上記で説明したように、エストロゲンが減少し、ホルモンバランスが乱れて自律神経も乱れることが原因ですが、ストレスを感じるとさらに自律神経の働きが乱れていまいます。

そうなると、更年期障害の症状が悪化したり、なかなか症状が軽減しなくなったりします。
また、ストレスは活性酸素を増加させる働きがあるので、ますます更年期障害が悪化してしまいます。

マカには、上記の「バストアップ効果」で説明したようにストレスを予防、緩和する働きがあります。

このように、マカには更年期障害を根本から解決する効果と、更年期障害の悪化を防ぐ効果があるので、更年期障害の予防、改善に対して高い効果があります。

不妊を予防、改善する

マカには不妊の予防、改善に効果がある3つの働きがあります。

ホルモンバランスの乱れを整える

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、周期的にバランスよく分泌されないと妊娠しにくくなります。
また、エストロゲンは、子宮膜を厚くして卵子が着床しやすくしたり卵胞を成熟させたりする働きがあるため、ホルモンバランスが乱れて不足すると妊娠しにくくなります。

マカに含まれている植物性エストロゲンは、減少したエストロゲンを補い、ホルモンバランスを整え妊娠しやすい身体へ導きます。

冷えを予防、改善する

冷え性になると血管が収縮して血行が悪くなるため、全身に栄養素や酸素が届きにくくなります。
そうなると、卵巣や子宮の働きが悪くなり、

・排卵しにくくなる
・卵子が育ちにくくなる
・着床障害

などの症状が起き、妊娠しにくくなる場合があります。

マカには、上記の「バストアップ効果」で説明したように、血行不良を予防、改善する高い効果があります。

ストレスを予防、緩和する

排卵を誘発する働きがある「黄体形成ホルモン」は妊娠に欠かせない成分ですが、ストレスに弱く、ストレスを感じると分泌量が減ってしまいます。

マカには、上記の「バストアップ効果」で説明したように、ストレスを予防、緩和する働きがあります。

さらに、マカに含まれているアルギニンは成長ホルモンの分泌を促します。
成長ホルモンは、妊娠に必要な次の3つのホルモンの分泌を促進するので、妊娠には欠かせない成分です。

・卵胞刺激ホルモン
・黄体刺激ホルモン
・エストロゲン(卵胞刺激ホルモン)

また、アルギニンは、

・精子の量を増やす
・精巣の機能をよくする
・精子の動くをよくする

などの効果があるので、男性側からと女性側からの両方から不妊を予防、改善します。

その他にも、マカは次の成分を含んでいるので、不妊に対する3つの効果とこれらの成分との相乗効果で高い不妊の予防、改善効果があります。

成分名 効果
フェニルアラニン
トリプトファン
成長ホルモンの分泌に必要な成分
リジン ・成長ホルモンの分泌に必要
・エストロゲンの分泌を促進する
・受胎環境を正常にする
セレン ・質のよい精子をつくる
・精子の量を増やす
・精神の運動率をよくする
亜鉛 ・男性ホルモンのテストステロンをつくるのに必要
・精液の量を増やし、質をよくする
・免疫力を高めて活力を高め、EDを予防、改善する

妊娠前後の栄養補給

マカは、妊娠中や授乳中に必要な4つの成分を全て豊富に含んでいます。

貧血を防ぐ鉄

もともと女性は、毎月の生理で血液を失うため貧血の人が多いです。
妊娠中は胎児に優先して血液が送られる上に、人によっては出産時に大量に出血します。
また、母乳は血液でつくられるので、鉄が使われます。
ですので、妊娠中や授乳中はますます貧血になりやすくなります。

骨や歯をつくるカルシウム

妊娠中は、胎児の歯や骨をつくるためにカルシウムが優先して胎児に送られ、不足していると母体のカルシウムが使われます。
また、出産後は赤ちゃんが成長するのにもカルシウムが必要なので、母乳を通してカルシウムが使われます。
ですので、妊娠中、授乳中には大量のカルシウムが失われます。

胎児の成長に欠かせない亜鉛

亜鉛は、妊娠中に特に必要な成分で、次の働きがあります。

・赤血球の膜をつくる
・細胞を再生して、細胞分裂を助ける
・ホルモンの分泌を促したり、ホルモンの材料となったりする
・DNAを合成する
・たんぱく質を合成する

亜鉛は、不足すると胎児の発達不良や奇形の恐れがあるので、妊娠中は胎児に優先して使われます。そのため、母親は亜鉛不足になる場合があります。

身体の材料になるたんぱく質

たんぱく質は、血液や骨、筋肉、内臓など身体のほぼ全ての材料となります。
また、母乳は血液でつくられるので、鉄とともに授乳中は特に必要な成分です。

また、つわりで思うように食事が摂れない場合にも、栄養素をバランスよく豊富に含んだマカは栄養補給に効果が高いです。
ただし、妊娠、授乳中にマカを摂取した場合の効果や副作用は、臨床実験が難しいこともあって医学的にはっきりと確証されていません。
ですので、妊娠、授乳中にマカを摂取する場合は、摂取するマカの成分表をかかりつけの医師に見せて相談すると安心です。

ダイエットをサポートする

マカに含まれている、

・アルギニン
・プロリン
・リジン
・アラニン

には、脂肪を燃焼する「リパーゼ」という酵素の材料となってリパーゼを活発化し、体脂肪を燃焼する働きがあります。

また、マカにしか含まれていない特別な成分のマカミドとマカエンは、脂肪の燃焼を促進する働きがあります。

さらに、ダイエットの大敵の便秘を解消する働きがある食物繊維を豊富に含んでいるので、これらの成分の相乗効果でダイエットをサポートします。

冷え性を予防、改善する

女性に冷え性が多い理由

一般的に女性は、

・男性より筋肉が少ない
・貧血や低血圧の人が多い
・月経中は血液が腹部に集中し、手足の末端に血液が行き渡りにくくなる

などの理由から、冷え性の人が多いです。

マカには、「バストアップ効果」で説明したように、血行をよくして手足の末端に血液が届きやすくする働きがあります。

マカは、冷え性の原因を予防、改善する

マカには次の2つの冷え性の原因を予防、改善する効果があります。

ストレス、自律神経の乱れ

過度のストレスを感じると、自律神経が乱れて交感神経が優位な状態が続きます。
そうなると、緊張が緩まないので血管が収縮し、血行が悪くなって冷え性を引き起こします。
また、ストレスは活性酸素を増やす作用があります。

活性酸素

活性酸素が血管の細胞を攻撃すると、細胞は酸化して老化し、血管の壁が固く、狭くなって血液の流れが悪くなります。

マカには、上記の「美肌効果」や「バストアップ効果」で説明したように、ストレスを軽減して自律神経の乱れを整えたり、活性酸素を除去したりする働きがあります。

このように、マカには、

・血行をよくする
・冷え性の原因となるストレスや自律神経の乱れを予防、改善する
・活性酸素を除去する

などの働きがあるので、これらの相乗効果で冷え性を予防、改善します。

効果的な摂取時間

マカは、健康食品ですので摂取するのに決まった時間はありませんが、効果的な時間はあります。

成長ホルモンは、就寝後30分~3時間の間に分泌されるので、マカに含まれている成長ホルモンの作用を期待する人は就寝前に摂取するとより効果が期待できます。

また、マカは一日に必要な量を一回で全て摂取するより、数回に分けて摂取した方が効果的です。
食事前は、胃が空なので摂取した栄養素を吸収しやすく、食後は摂取した栄養素を消化、吸収するために胃腸が活発に働いているので、食事前か食事後に摂取すると吸収率が高くなります。
ですので、女性に嬉しい効果をより得たい場合は、食事時と就寝前の一日に4回に分けて摂取するとより高い効果が期待できます。
なお、食事前に摂取すると気分が悪くなる人や、胃が弱い人は食事前は避け、食後に摂取してください。

まとめ

マカは、精力剤として知られているので男性向けな製品と思われがちですが、女性に嬉しい効果が多くあります。

マカには、

・美肌効果
・バストアップ
・更年期障害を予防、改善する
・不妊を予防、改善する
・妊娠前後の栄養補給
・ダイエットをサポートする
・冷え性を予防、改善する

などの効果があるので、女性にもオススメします。

マカは健康食品なので、摂取するのに決まった時間はありませんが、効果的な時間はあります。
アルギニンに含まれている成長ホルモンは、就寝後30分から3時間の間に分泌されます。
また、マカは一日に必要な量を一回で全て摂取するよりも、数回に分けて摂取した方が効果的です。食事時は吸収率が高くなるので、一日に4回、食事時と就寝前に分けて摂取するとより高い効果が期待できます。
なお、妊娠前後にマカを摂取する場合は、念のために摂取するマカの成分表を医師に見せて相談すると安心です。

関連記事Related