マカでメタボリックを予防、改善しよう!

マカには、メタボリックを予防、改善する効果があります。
ここでは、マカのメタボリックの予防、改善効果や効果がある成分について説明します。

メタボリックとは?

メタボリックとはメタボリックシンドロームの略称で、食べすぎや運動不足による肥満や生活習慣が原因となる生活習慣病の前段階の状態のことです。
内臓型肥満(腹部に内臓脂肪が蓄積されている状態)の人に、高血圧、高血糖、脂質異常症の3つのうち2つ以上がでているとメタボリックと診断されます。

※脂質異常症とは、高脂血症と高コレステロール、低HDL(低善玉コレステロール血症)の総称です。

メタボリックが進行して生活習慣病になると、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病による合併症(人工透析、失明)など、生命にかかわる重大な病気になるリスクがとても高くなるので、メタボリックの段階で進行を食い止め、改善する必要があります。

マカには、メタボリックを予防、改善する効果があります。

マカのメタボリックに対する効果と効果がある成分

脂肪を分解して燃焼する

マカには、18種類ものアミノ酸が含まれています。
アミノ酸は、脂肪を分解する酵素の「リパーゼ」の材料となってリパーゼの働きをよくします。

アミノ酸の中でも特に脂肪の分解に効果があるのが、アルギニン、リジン、アラニン、プロニンの4つで、体脂肪を燃焼し、余分な水分を体外に排出します。

また、マカに含まれるビタミンB2とB6にも脂肪を燃焼させる働きがあります。

血糖値を下げる

マカには、亜鉛が豊富に含まれています。

亜鉛は、血糖値を下げるインスリンの材料のひとつで、さらにインスリンの働きを助ける作用もあります。
亜鉛が不足すると、インスリンの分泌量が減って糖尿病のリスクが高くなることが、研究の結果判明しています。

亜鉛は、体内で合成することができないので、食事で摂取する必要がありますが、不足しがちです。
亜鉛を多く含む牛肉には100グラム中4.5ミリグラム、豚レバーには6.9ミリグラムの亜鉛が含まれています。マカには、製品によって差がありますが100グラムあたり12ミリグラムもの亜鉛が含まれています。

ただし、マカの一日の摂取量(目安)は1500ミリグラムなので、一日にマカで摂取する亜鉛の量は0.18ミリグラムです。

亜鉛の一日の推奨摂取量(2015年度版)は、30歳~49歳の男性で10ミリグラム、女性で8ミリグラムなので、マカだけで必要な量を摂取できるわけではありません。

亜鉛を多く含むレバーや豚、牛肉などを意識して毎日の食事に取り入れ、摂取量の底上げにマカを利用するといいでしょう。

血圧を下げる

マカには、血行を促進する効果や抗酸化作用があります。

血管が収縮すると、血液の流れが悪くなって高血圧の原因となりますが、アルギニンには、血管を拡張して血行をよくして血圧を下げる働きもあります。

また、二次代謝産物のアルカロイド類とサポニンにも血行を促進する効果があります。
二次代謝産物とは、植物が生きていくのに必要ではないが、環境に適応するのに役立つ成分のことで、薬効があります。ですので、二次代謝産物を多く含んでいる植物は効果が高いのです。

マカは、栽培される土地や栽培方法、環境によって含まれる成分の数や量が異なりますが、多い製品では28種類もの二次代謝産物を含んでいます。

さらに、サポニンとアントシアニン(二次代謝産物)には、細胞を攻撃して酸化させ、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。そのため血管が老化して固く狭くなり、血流が悪くなって高血圧になるのを防ぐ効果があります。

コレステロール値を下げる

悪玉コレステロールが増えると、血管の壁に付着し、血管を狭くして高血圧の原因になったり、動脈硬化を引き起こしたりします。
また、血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が増えると、血管がドロドロになって血液の流れが悪くなり、最後には血管が詰まって脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしたりします。

サポニンには、コレステロール値を下げる働きもあります。

効果的な摂取方法

リパーゼは、空腹時と運動時に活性化します。
ですので、マカを摂取する際には、食事前や運動前に摂取すると脂肪を燃焼する効果が高くなります。
また、就寝中も胃は空になるので、寝る前に摂取するのも効果的です。

マカは、一日の摂取量を一回でまとめて摂るよりも、数回に分けて摂取した方が効果が高くなります。
ですので、メタボリックを予防、改善したい場合は、食事前、運動前、就寝前に分けて摂取するとより高い効果が期待できます。

ただし、マカを摂取しただけで、生活習慣を改善しなければ効果はあまり得られません。
食生活の改善、適度な運動、規則正しい生活、などを改善しつつマカを摂取すると、より高い効果が期待できます。

まとめ

マカには、脂肪を分解して燃焼する、血糖値を下げる、コレステロール値を下げる、などメタボリックシンドローム対策に効果があります。ですので、メタボリックを予防したい人やメタボリックを改善したい人にマカをお勧めします。また、脂肪を燃焼する働きがあるリパーゼは、空腹時と運動時に活発になるので、メタボリック対策にマカを摂取する場合は、食事前、運動前、就寝前に分けて摂取するとより高い効果が期待できます。なお、マカは栽培された土地や栽培方法で含まれている成分の数や量が異なるので、購入の際には商品紹介のホームページなどでよく確認するといいでしょう。

関連記事Related