マカとザクロのサプリメント

マカとザクロは、どちらも女性に嬉しい効果が多くあります。
ここでは、マカとザクロの共通の効果や、含まれている成分について説明します。

マカとは?

マカは、ペルーのアンデス山脈の高地が原産地のアブラナ科の植物です。

アンデス山脈の高地は、高度が4000メートルもあり、空気が薄く、一年の平均温度は7度、日中の温度差が30度もあります。
さらに、強風が吹き下ろし、日差しが強烈で日照りがあるが、雹(ひょう)が降り、霜も降りる、という過酷な環境です。

マカは、この環境を生き抜くために、土地の栄養を吸いつくして根に溜めるので、栄養素を豊富に含んでいます。
マカには、18種類のアミノ酸、9種類のミネラル、ビタミン、食物繊維、二次代謝産物が含まれています。

二次代謝産物とは、植物が生きていくのには必要ではないが、環境に適応するのに役立ったり、独特の効果があったりする成分です。
二次代謝産物には、薬効があり、二次代謝産物が多いものほど薬効が高いですが、マカには、多い製品では28種類もの二次代謝産物が含まれています。

ザクロとは?

ザクロは、ザクロ科ザクロ属の落葉樹、もしくはその果実です。
トルコやイランなどの中近東が原産地ですが、現在日本に輸入されているザクロは、ほとんどがアメリカ産です。

ザクロは、今から5000年以上前から食されていました。
西洋医学の父といわれる、古代ギリシャ人のヒポクラテス(紀元前460年~370年頃)の書いた医学書には、ザクロのことが書かれています。
その他にも、インドの医学書や中国の漢方書にも書かれており、古代から美容や健康に効果があるとして食されてきました。
日本には、平安時代に中国から渡ってきて、鎌倉時代には、栽培が始まっています。

ザクロは、硬い皮の内側にぎっしりと小さい粒が詰まっており、この一見種に見える粒が、ザクロの果肉で、甘酸っぱい味がします。
真っ赤で艶やかな色をしているので、日本では、食用としてよりも、観賞用として普及しました。
ザクロは、女性に嬉しい効果が多いので、「女性の果実」ともよばれています。

マカとザクロの共通の効果と含まれている成分

マカとザクロには、次のような女性に嬉しい共通の効果があります。

美肌効果

ザクロには、ビタミンCとエラグ酸が多く含まれています。

ビタミンCの働き

ビタミンCには、2つの肌によい効果があります。

・コラーゲンの生成に必要

ビタミンCは、肌に弾力やうるおいを与えるコラーゲンの生成に欠かせない成分なので、ビタミンCが不足すると、コラーゲンも不足します。

・抗酸化作用がある

抗酸化作用とは、活性酸素を除去する働きのことです。
活性酸素は、もともとは酵素の働きを助け、体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃して除去するよい働きがありますが、何らかの原因で増えすぎると、正常な細胞を攻撃して酸化させてしまいます。

コラーゲンやエラスチン(肌の弾力の元の成分)も活性酸素に攻撃されて酸化し、機能が低下してしまうので、肌の弾力やハリが失われて、しみやしわ、たるみが増える原因となります。

エラグ酸の働き

エラグ酸は、天然のフェノール系の抗酸化物質で、強い抗酸化作用があります。
また、しみやソバカスの原因となるメラニンを生成する「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑える働きもあるので、美肌効果があります。

ザクロには、その他にも抗酸化作用があるアントシアニンも含まれているので、高い美肌効果があります。

マカにも、ビタミンCが含まれていますが、その他にも、

・ビタミンE
・アントシアニン
・サポニン

など、抗酸化作用がある物質が多く含まれています。

また、マカには次のような美肌効果がある成分が多く含まれているので、高い美肌効果があります。

成分名 効果
アミノ酸 高い保湿効果がある
植物性エストロゲン 美肌効果があるエストロゲンに似た働きがある
亜鉛
ビタミンB2
ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進する
コラーゲンの生成に必要

アンチエイジング効果

上記の「美肌効果」で説明したように、活性酸素は、正常な細胞を攻撃して細胞の機能を低下させてしまうので、その結果、肌の老化が進んでしまいます。

マカにもザクロにも、抗酸化作用がある成分が含まれているので、どちらもアンチエイジング作用があります。

むくみを予防、改善する

むくみとは、余分な水分や老廃物が皮膚組織に溜まっている状態です。

ザクロには、カリウムが豊富に含まれています。

カリウムは、ほとんどが細胞の内側に存在していて、細胞の外側に存在するナトリウムとのバランスを取り、体液の状態を一定に保つ働きがあります。

ナトリウムを摂取しすぎて塩分が過剰になったり、カリウムの摂取量が少なかったりすると、体内のナトリウム濃度が高くなってしまいます。
すると、身体はナトリウムの濃度を下げようとして、体内に水分を貯めるのでむくみます。

カリウムは、ナトリウムの濃度が高くなることを防ぎ、余分な水分やナトリウムを尿として体外に排出する働きがあるので、むくみを予防、改善する効果が高い成分です。

マカにも、カリウムが含まれています。
マカには、この他にも、利尿作用があるグルタミン酸やアスパラギン酸が含まれています。
さらに、マカにはむくみの原因になる、

・血行不良
・ストレス
・女性ホルモンの乱れ
・筋肉量の不足

などを予防、改善する効果もあるので、これらの相乗効果でむくみを予防、改善する効果があります。

ダイエットをサポートする

ザクロに豊富に含まれているエラグ酸やビタミンB2には、ダイエットをサポートする効果があります。

エラグ酸は、抗酸化作用の他に、脂肪を燃焼させ、肥満や脂肪肝を予防、改善する効果があります。
また、ビタミンB2は、たんぱく質、脂質、炭水化物の代謝(取り込んだ栄養素をエネルギーに変えたり、蓄積したりする働き)を促して、脂肪として体内に蓄積されるのを防ぎます。

マカには、次のようなダイエットに効果がある成分が含まれています。

成分名 効果
アミノ酸 脂肪を燃焼する酵素のリパーゼの働きを活発にして体脂肪を燃やす
マカミドやマカエン(マカにしか含まれていない特別の成分) 脂肪の燃焼を促進する

また、ダイエットの大敵の便秘の予防、改善に効果が高い食物繊維を豊富に含んでいるので、ダイエットをサポートします。

ストレスを予防、緩和する

ストレスの予防や緩和効果は、女性だけではなく男性にも嬉しい効果です。

ザクロに豊富に含まれているビタミンCは、抗酸化作用があるだけではなく、ストレスに対抗する働きがある副腎皮質ホルモンの生成に必要な成分でもあります。
また、やる気を起こさせるノルアドレナリンや、集中力を高めるドーパミンの合成を助ける働きもあるので、ストレスを緩和し、ストレスに対する抵抗力を高める働きがあります。

また、ザクロは、ストレスの緩和に効果がある、次の成分も含んでいます。

成分名 効果
ビタミンB1 神経を正常に保ち、ストレスに対する耐性を強くする
カルシウム イライラを防いで、精神を安定させる
マグネシウム ストレスを緩和
ビタミンE ・イライラを防せぐ
・筋肉の緊張を緩めてリラックスさせる

マカにも、ザクロほど豊富ではありませんが、ビタミンCが含まれています。
また、ザクロと同じく、ビタミンB1、カルシウム、マグネシウムも含んでいます。

さらに、ザクロにはないストレスの予防、緩和に効果がある次の成分を含んでいます。

成分名 効果
トリプトファン
フェニルアラニン
メチオニン
ストレスを緩和する働きがあるセロトニンの材料となる
グリシン セロトニンを増やす
二次代謝産物 ストレスに対抗するエネルギーをつくりだす

一緒に摂取すると効果的

このように、マカとザクロには女性に嬉しい共通の効果が複数あるので、一緒に摂取すると、相乗効果で、さらに高い効果が期待できます。

マカは、精力増強や滋養強壮の効果がよく知られており、男性向けと思われがちですが、ホルモンバランスに強く影響するので、妊活(妊娠に対する知識を身に付け、妊娠できるようにする活動)にも高い効果があります。
また、上記で説明したように、女性に嬉しい効果が多くあります。

ザクロは、古くから「女性の果実」とよばれて、女性向けの食物として知られているので、両方を摂取すると、相乗効果でさらに高め、
・美肌
・アンチエイジング
・むくみの予防、改善
・ダイエットのサポート

の効果が期待できます。

また、ザクロに含まれる抗酸化作用には、疲労回復や生活習慣病の予防、改善などの効果もあります。
マカは、もともと男性向けの健康食品として知られているので、男性がマカとザクロを一緒に摂取しても、疲労回復、生活習慣病の予防、改善、ストレスの予防、緩和など、男性にも嬉しい効果があります。

まとめ

マカは、アンデス山脈の高地が原産地の植物(野菜)で、ザクロは、中近東が原産地の植物(果樹)です。

マカとザクロには、

女性に嬉しい効果

・美肌効果
・アンチエイジング
・むくみの予防、改善
・ダイエットのサポート

男性にも女性にも嬉しい効果

・ストレスの予防、緩和

などの共通の効果があるので、両方を摂取すると、相乗効果でより高い効果が期待できます。

また、女性に嬉しい効果が多いですが、どちらも抗酸化作用がある成分を多く含んでおり、疲労回復や生活習慣病の予防、改善の効果もあるので、男性にもお勧めします。

関連記事Related