マカとすっぽんのサプリメント

マカとすっぽんは、どちらも栄養素が多く、滋養強壮や精力増強効果があることが知られています。
ここでは、マカとすっぽんの共通の効果について説明します。

マカとは?

詳しく見る

マカは、アンデス山脈の高地が原産地の植物です。

アンデス山脈の高地は、

・高度が4000メートル
・空気が薄い
・強風が吹き下ろす
・日中の温度差が30度
・一年の平均気温7度
・日差しがつよく、日照りがある
・霜が降り、雹(ひょう)が降る

という過酷な環境です。

マカは、この環境を生き抜くために、土地の栄養素を根こそぎ吸い取って根に溜めるので、栄養素を豊富に含んでいます。
マカには、18種類のアミノ酸、9種類のミネラル、ビタミン、食物繊維、二次代謝産物などが豊富に含まれています。

二次代謝産物とは、植物が生きていくのには必須ではないが、環境に適応するのに役立ったり、独特の効果があったりする成分で、薬効があります。
二次代謝産物が多いものほど薬効が高く、マカには、多い製品では28種類の二次代謝産物が含まれています。

すっぽんとは?

詳しく見る

すっぽんは、体長が20~30センチほどの亀の一種で、川、池、沼に住んでいます。

すっぽんの一番の特徴は甲羅で、亀の甲羅は骨でできているので固いですが、すっぽんの甲羅は皮膚でできているので柔らかいです。
すっぽんの甲羅はゼラチン質でできていて、甲羅の縁のエンペラという部分には、コラーゲンが豊富に含まれています。

すっぽんにも、アミノ酸が18種類含まれています。
その他にも、ビタミン、ミネラル、DHA、EPA、コラーゲンなどが豊富に含まれています。

すっぽんに含まれているコラーゲンは、吸収力が高いとされている海洋性コラーゲンです。
コラーゲンは、海洋性と動物性の2つに分類されますが、魚の皮やうろこから抽出される海洋性コラーゲンは、アミノ酸に分解されやすく、吸収率が高く消化もよいので特に効果が高いです。

マカとすっぽんの共通の効果と効果がある成分

マカとすっぽんは、どちらも栄養素を多く含んでいるので、共通の効果が多くあります。

疲労回復

詳しく見る

マカもすっぽんも、20種類あるアミノ酸のうち18種類も含んでいます。
アミノ酸は、筋肉をつくったり、筋肉を修復したりして疲労を回復する効果があります。
また、疲労回復には次の5つの成分が特に有効ですが、マカは全て、すっぽんはビタミンC以外を全て含んでいるので、疲労回復の効果があります。

成分名 効果
アルギニン ・疲労感の原因のアンモニアを分解する
・筋肉を増強する成長ホルモンの分泌を促す
アスパラギン酸 疲労物質の乳酸とアンモニアを分解する
BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン) 筋肉をつくったり、傷ついた筋肉を修復したりして筋肉の疲れを回復する
ビタミンB1 ブドウ糖をエネルギーに変換して疲労を回復する
ビタミンB2 たんぱく質、炭水化物、脂質をエネルギーに変える
ビタミンC 細胞を酸化させて、エネルギーの生産量を減らす活性酸素を除去する

美肌効果

詳しく見る

すっぽんは、美肌にかかせないコラーゲンをたっぷり含んでいます。
マカにはコラーゲンは含まれていませんが、コラーゲンの生成に必要なビタミンCが含まれているので、コラーゲンを増やすサポートをします。

また、コラーゲンの材料はアミノ酸ですが、マカもすっぽんもアミノ酸を18種類も含んでいます。
さらに、マカとすっぽんには、美肌に効果がある次の成分が含まれているので、高い美肌効果があります。

成分名 効果
亜鉛 細胞を再生してターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進する
ビタミンB2 ターンオーバーを促進する
カルシウム 細胞間の保湿効果を高める物質の合成を促して肌にうるおいをもたらす
ビタミンE 細胞を攻撃して老化させ、しわやしみ、たるみをつくる活性酸素を除去する(抗酸化作用)
コラーゲンの生成に必要

精力増強

詳しく見る

マカとすっぽんのどちらも、精力の増強に効果があるアルギニンと亜鉛を豊富に含んでいるので、精力増強の効果があることで知られています。

亜鉛とアルギニンの効果

亜鉛 ・性欲を高める働きがあるテストステロンをつくるのに必要
・精液の量を増やす
アルギニン ・精子の量を増やす成長ホルモンの分泌を促す
・精子の運動量を高める
・血行をよくし、陰茎に血液が流れやすくする
・疲労を回復して身体に活力を与える

生活習慣病を予防、改善する

詳しく見る

すっぽんは、血液をさらさらにしたり、血液中のコレステロールを減少させるリノール酸を豊富に含んでいるので、動脈硬化や血栓などの生活習慣病を予防、改善する効果があります。

マカには、

・肥満を予防、改善する
・血糖値を下げる
・血圧を下げる
・コレステロール値を下げる

などの働きがあるので、生活習慣病を予防、改善する働きがあります。

マカに含まれている生活習慣病の予防、改善に効果がある成分

成分名 効果
アルギニン 脂肪を燃焼する働きあるリパーゼの材料となる
血管を拡張する働きがある一酸化窒素を合成する
プロリン
ジリン
アラニン
脂肪を燃焼する働きあるリパーゼの材料となる
亜鉛 インスリンの材料となり、インスリンの量の調整をする
ビタミンB1 糖の代謝を促して、血糖値を下げる
ビタミンE 細胞を酸化させて血管を固く、狭くする活性酸素を除去して(抗酸化作用)動脈硬化を予防、改善する
ビタミンC 抗酸化作用
サポニン 抗酸化作用
コレステロール値を下げる
脂肪を燃焼する
アルカロイド類 脂肪を燃焼する

貧血を予防、改善する

詳しく見る

マカとすっぽんは、どちらも貧血対策に効果が高い鉄とビタミンB12を含んでいます。

鉄は、血液の主な成分のヘモグロビンの材料となるので、鉄が不足するとヘモグロビンが減少して貧血になります。

ビタミンB12は、「造血のビタミン」ともよばれ、正常な赤血球をつくるのに欠かせない成分です。

貧血の予防、改善に効果がある成分は、次の7つです。

成分名 効果
たんぱく質(アミノ酸) ヘモグロビンの材料となる
鉄の吸収率を上げる
ヘモグロビンの材料となる
ヘモグロビンの合成に欠かせない成分
ビタミンB6 たんぱく質の合成に必要
ビタミンB12 赤血球をつくるのに必要
ビタミンC 鉄の吸収率を上げる
葉酸 ビタミンB12と一緒に血液をつくる

マカには、葉酸をのぞく全てが、すっぽんには銅とビタミンCをのぞく全てが含まれているので、どちらも貧血の予防、改善に高い効果があります。

マカとすっぽんの両方を摂取すると、7つの成分を全て摂取できるので、より高い効果が期待できます。

骨粗しょう症を予防、改善

詳しく見る

マカとすっぽんには、どちらもカルシウムが豊富に含まれているので、骨粗しょう症を予防、改善する効果があります。

また、女性ホルモンのエストロゲンは、骨の代謝のバランスを整える働きがありますが、更年期になるとエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。
そうなると、古い骨を壊して新しい骨をつくる働きが悪くなって、骨粗しょう症になりやすくなります。

マカには、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがある植物性エストロゲンが含まれているので、減ったエストロゲンの代わりに働いて骨の代謝のバランスを整え、骨粗しょう症を予防、改善します。

すっぽんに豊富に含まれているコラーゲンは、骨の形成に関わっています。
骨は、コラーゲンにカルシウムが付着してできているので、コラーゲンを摂取すると骨密度が高まり、骨粗しょう症を予防、改善します。

一緒に摂取すると効果アップ

マカとすっぽんは、どちらも栄養素を豊富に含んでいます。
どちらも、特に、アミノ酸、鉄、亜鉛、カルシウムを豊富に含んでいるので、似た効果が多くあります。
ですので、両方摂取すると、相乗効果でより高い効果が期待できます。

別々に摂取してもいいですが、どちらも高価なので、両方が配合されたサプリメントを摂取すると、負担が減り、購入しやすいです。

まとめ

マカは、ペルーのアンデス山脈が原産地の植物で、すっぽんは亀の一種です。
どちらも栄養素を豊富に含んでおり、

・疲労回復
・美肌効果
・精力増強
・生活習慣病の予防、改善
・貧血の予防、改善
・骨粗しょう症の予防、改善

など、共通の効果が多くあるので、マカとすっぽんを両方摂取すると、高い相乗効果が期待できます。
例えば、貧血の予防、改善効果では、マカとすっぽんを同時に摂取すると、貧血対策に効果がある7つの成分、

・たんぱく質(アミノ酸)
・鉄
・銅
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンC
・葉酸

を、全て摂取できるので、より高い効果が期待できます。
マカとすっぽんは、別々に摂取してもいいですが、どちらも高価な製品なので、両方が配合されたサプリメントを購入すると、負担も少なく、長く続けやすくなります。

関連記事Related