マカを飲み始める年齢は

マカは子どもが摂ってもよい

マカは子どもからお年寄りまで、年齢を問わず摂取することができます。

マカは、滋養強壮効果がもっとも知られていることから、妊娠を望む男女が摂るものというイメージが強いですが、本場であるペルーのアンデスでは栄養価が高いこともあって、大人だけでなく子どもも日常的に食べています。

ペルーでは料理やドリンクにもマカが使われ、お菓子にマカが使われていることもあります。
たとえば自分の好きなフルーツやナッツやハーブなどにラム酒と砂糖をふりかけ、煮込んでミキサーにかけた「ポンチェ」というよく作られるドリンクがあります。 マカを入れたポンチェは子どもにも好んで飲まれています。

関連記事:ペルーでのマカの食べ方

マカは子どもの成長を助ける

マカは子どもの成長をサポートする栄養素が豊富に含まれています。

マカに多く含まれるアミノ酸やミネラル、ビタミンB群などが、免疫力のアップや骨の成長などをサポートします。
また2004年に日本で行われた研究によると、マカを一定期間与えて育てたオスのラットは与えていないラットと比べて、学習能力が高まったとする報告も見られます。

好き嫌いが多い子どもの、栄養バランスを補うのにも役立つでしょう。
粉末マカのにおいや味が苦手という子どもには、ジュースやヨーグルトなどに混ぜたり、料理に混ぜるなどの工夫をしましょう。サプリであればにおいや味を感じることなくマカを摂らせることもできます。

マカを子どもに与える際の注意点

子どもにマカのサプリや粉末などを飲ませる場合には、最初は少ない量からはじめて、大人より少なめの量になるように調整してください。
大人と同じ量を体の小さい子どもが摂ると、過剰摂取になったり、アレルギーのリスクが高まります。

関連記事:マカのアレルギー注意点

関連記事Related