下痢

濃縮マカの摂取方法

マカは南アメリカ大陸の国ペルーの標高が富士山よりもはるかに高い場所に生えている植物で、現地では古くから薬用として使われています。
日本においては滋養強壮に効く栄養食品として20年ほど前から知られるようになりました。
成分を濃縮して加工された濃縮マカの摂取方法はどういったものがあるのでしょうか。

マカはカブによく似ているアブラナ科の植物で、円錐のような形をしている大きな根っこの部分にさまざまな必須アミノ酸のビタミンやミネラルなど、栄養素がバランス良く含まれています。
根っこには日中と夜の寒暖の差が50度近くにもなる、過酷とも言える環境の中で育つことによって土の栄養をたくさんたくわえています。

ペルーでは貴重な資源として保護されていることから、生のマカそのものを国外に持ち出すことはペルーの法律によって厳しく禁じられています。
日本においてはマカを栽培している業者もありますが、現在のところはほとんど流通していません。
そのため、日本ではマカを摂取するためには成分を抽出したサプリメントの他に、缶や瓶のドリンクタイプや、粉末状になったものなど、加工された商品が栄養食品として販売されています。

栄養食品の中でも濃縮を謳っている商品があります。
生のマカの根から栄養成分のエキスを濃縮して加工したもので、根っこの部分を乾燥して粉末にしたタイプのものと比べて何倍も有用な成分が詰まっています。

含まれている栄養のひとつである、ベンジルグルコシノレートという成分は、成長ホルモンにはたらきかけ、男性機能がアップしたり、女性特有の身体の不調の緩和などにつながるとされています。
濃縮タイプの方がこのベンジルグルコシノレートの含有率が高くなるとされています。

濃縮タイプも商品によっては濃縮率に違いが見られ、10倍のものもあれば20倍という商品もあります。
濃縮率は商品に記載されていますので、どのくらいの量の成分が含まれているか確認をして摂取するようにしましょう。